飲食店を開業したいのですが銀行から融資を受けられるか?

居酒屋を開業したいと思っています。20年ほど大手の居酒屋チェーン店で働いて支店長の経験もあります。土地と店の建築は自己資金で賄いましたが、設備資金をはじめとする開業資金が500万円ほど不足していますので、銀行から融資を受けたいのですが、事業計画書なんかはどういうものがあるのでしょうか?

事業計画書は大変ですから専門家に頼んだ方がいいですよ

事業計画書は融資を受ける事が出来る、出来ないという審査の為のものですから大変大事な書類です。個人で作る事は可能です。立地条件であるとか、一日当たりの予定集客数、客単価、営業時間、1か月の売り上げ、休日、あるいは借財の状況、融資受け後の返済計画など、先ずは中小企業診断士などの専門家にアドバイスを受けて作る事は出来ます。また計理士などに依頼すれば作ってくれます。作成は大変だと思いますので、それでも自分で作れるのなら全然問題はありません。私は、書類に万全を期して、融資の審査に臨むのであれば専門家に依頼した方がいいと考えます。

でも、土地と建物はご自分で準備されているという事でしたら、金額的には開業資金の融資としては、そんなに大きな金額じゃないので、融資は難しくないでしょうね。融資を受けようとする銀行に直接相談してみるのもいいでしょうね。必要な書類、書き方なども事前に確認して、そのアドバイス通りに書いて申し込めば大ジョブです。もしダメでも、質問者の状況をお聞きする限り、融資を受ける事の出来る銀行は必ずありますよ。

飲食店の経営を始めるために受ける融資ってどんなものですか?

飲食店を経営したくて料理の技術を身につけた!

大好きな珈琲とスウィーツでカフェを開きたい!

とはいえ、飲食店を開業するときに融資してもらう時って、何か特別なところに行く必要があるのだろうか?

今まで経営を経験したことがあるのならとにかく、1から自分で始めるとなると、わからないことってけっこうあるものです。

では、飲食店の開業にあたってどんなことが必要で、どんな融資を受けるのかをお話ししましょう。

まず、飲食店を営業するには、一定の額のと初期投資費用が必要になりますが、その1番最初に始めるのが、場所の確保です。

店舗を借りるには、物件のオーナーさんに保証金を支払う必要があります。その際の金額の目安は、物件の状態や場所にもよりますが、店舗の賃貸料の10012ヶ月分というところが大半です。

また、店舗の内装ですが、これは居抜工事でか新装工事かでも違ってきます。新装の場合、1坪約30万円というのが相場でしょう。

水道工事に、ガス工事、電気工事。飲食業許可を受けるのに必要なグリストラップの設置。空調設備にダクト…このように事務業や一般家庭に比べると設置するものが非常に多く、その分、どうしても工事費用や設置費用が掛かります。

さらに設備もあります。

冷蔵庫、冷凍庫、調理ガスコンロ。浄水器にフライヤー、食器洗浄機、テーブル、椅子。店内を装飾する小物…中古品やオークションなどを利用しても、数十万は当然掛かります。新品で揃えると、それ以上。すごい金額になります。

お店ですから、看板やチラシ、電話やインターネット回線の開通、食器類も必要です。

最低限でこれだけあり、掛かるであろう費用は、たとえ小さな飲食店であろうと、おおよそで1,000万01,500万円は見積もっていたほうがいいでしょう。

さらに仕入れ、店舗の毎月の家賃、従業員を雇うならその人件費。お店の宣伝費も掛かります。これらも最低でも10万円は見ていたほうがいいですね。

「そんなお金、どこから借入すればいいの…?」

大丈夫!飲食店に役立つ融資制度がちゃんとあります。

一般金融から借入すると金利が高くつくことが多いので、オススメするのはこちら!

・日本政策金融公庫

・各自治体

この2カ所です。

日本政策金融公庫は、その目的が一般の金融機関から融資を受けるのが難しい事業者に資金の融資を行うことなので、新規創業者にも、おおよそ203%という比較的低い金利で融資してくれます。

また、各自治体の融資制度の場合は、直接地方自治体がお金を融資するのではなく、自治体の援助を受けた銀行が事業者に融資を行います。この場合、地元の銀行との繋がりが出来るというメリットもあります。

どちらを選んでも大差ない制度なので、自身が安心出来るほうを選んでいいでしょう。また、併用も可能なので、両方から融資してもらっておけば、借入金が少し増えますし、銀行との繋がりも出来るので、ある意味では賢い借り方といえるでしょう。

ただ、これだけ条件がいいとどうしても審査は厳しくなります。一般金融のように過去の経歴なども調べられますし、用意している資金の額も調査対象になります。保証人を立てると、かなり条件がよくなりますが、新規創業者には難しいでしょう。

また、事業計画書の提出もあります。その計画内容が妥当性があるかが審査の基準としてみられます。

一度で通らなくても、再チャレンジも可能です。その際には事業計画書を見直したりして、半年以上空けてから申込しましょう。

夢をQdみたいなら、諦めずにチャレンジです!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 サラ金で借りたい!今、通るのはこの業者だ!※ランキング一覧 All Rights Reserved.