住宅を建てるのに融資を受けたいが国に機構みたいなものはある?

現在家を建てる計画をしています。土地は両親名義の土地があって、そのと土地に自宅を建築する予定です。建築の費用は、約1400万円です。自己準備資金は800万円です。残りの600万円については、なんとか融資で賄いたいと思っています。大事な財産になりますので、一番信頼性のおける国の制度があれば是非利用したいと思っています。国に融資受けが出来る支援機構みたいなものは、あるのでしょうか?

住宅金融支援機構というものがあります

民間金融機関と住宅金融支援機構が提供している長期固定金利住宅ローンがありますので、それを融資先として検討される事を、お勧めします。国の機関と銀行との提携ですので信頼性は最も高いと言えます。しかも金利は長期の固定金利ですから、長い期間に渡って安心して返済を続けられます。最長で35年ですからゆとりの返済プランになっています。

また保証料は無料で、繰り上げ返済の場合の手数料も掛かりません。それに返済日の変更、返済額の減額(一定期間)、返済方法の一部変更などにもサポートしてくれますから、返済中の経済状態の変更に対しても、しっかりと対応をしてくれます。それと、申し込みについてですが、申し込みに対応してくれる銀行が決まっていますので「住宅金融支援機構」のホームページあるいは、住宅支援機構ローン等の名称で検索してみてください。申し込みの要領、融資に伴う金利を始め返済などの内容、注意事項に至るまで詳しく掲載されていますので、是非一度、ご確認ください。

住宅ローンの融資を受けたいと考えているなら!住宅金融支援機構

家族も増え、日に日に成長してき…そろそろ賃貸マンションも狭くなってきた。

住宅購入、このあたりで本気で考えてみようか。でも、なにぶん初めての住宅購入。借入するにもどこがいいのかがよくわからない。

そうですよね。住宅なんて、一般的には一生に1度、多くても2度くらいのもんでしょう。買わずに一生を終える人だっているわけですから。

それはさておき。

住宅購入をするには、生活に影響なく返済していくには借入をする必要がでてきます。

そこでオススメなのが、《住宅金融支援機構》です。旧住宅金融公庫のことで、住宅に関する事業を行っています。

住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して行っている住宅ローンで《フラット35》というものがあります。

これは長期固定金利住宅ローンで、借入時に返済終了までの金利と返済金額が決定するので、長期に渡っての返済プラン・ライフプランの計画が立てやすいのが特徴です。

この《フラット35》にもさまざまなプランがあり、新規で住宅購入をする人はもちろん、現在すでに別で住宅ローンを組んで返済を行っている人のための借り換えプランがあったり、リフォームプランだったり。保証型まであります。

また、長期優良住宅の認定を受けた住宅に対して償還期間の上限を50年間とするプランもあります。

《フラット35》のメリットは、最初にあげた返済額が一定であることに加え、一般の金融でかかる保証料もかかりません。また、繰上返済をする際にも手数料も発生しませんから、返済する上で、返済金以外の負担もありません。

住宅金融支援機構は独自に技術基準を設けていて、中古住宅の物件検査を行っています。また新築の場合でも建築基準法に基づいた検査済証が発行されているかを確認しているので、中古住宅でも新築住宅でも、安心して購入出来るようにサポートしています。

このような点からも、どこで住宅ローンを借入しようか悩んだら、まずは住宅金融支援機構を検討し、相談してみてはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 サラ金で借りたい!今、通るのはこの業者だ!※ランキング一覧 All Rights Reserved.