クレヒスってサラ金用語なのですか?意味を教えてください

クレジットカードを使っていましたが、電話料金の支払いもクレジットカードで支払っていました。一度、残高不足で引き落としが出来ませんでした。その時に、友達からクレヒスが悪くなるよってからかわれました。その時はクレヒスの意味が判らずにやり過ごしたのですが後で気になって来ました。クレヒスってどういう意味ですか?

個人信用情報機関に残っている過去の情報です

クレヒスとは、貴方がローンを組んで行った取引状況、つまり支払い状況の様々な履歴です。個人信用情報機関に記録されています。一度でもローンを組んで支払い履歴を残していると「クレヒスがある。」、生まれて一度もローンを組んだ事が無い。あるいは借金してローンを払った事のない人は「クレヒスが無い」という事になります。一度も借金をしてないんだから、いいんじゃない?と考えると思いますが、ところが、このクレヒスが全く無いというのも逆に問題になります。

それは、ローンを組んでクレジットなどの審査を受ける時に落ちやすくなります。これは、どうしてかというと、初めてローンを組む時は、誰でもクレヒスはありません。でも、ある程度の年齢になって例えば45歳でクレヒスが全く無いという事になると、何か、社会的にあるいは個人的に問題がある人かもしれないという判断をされて警戒されてしまうからなのです。

ですから、良好なクレヒスはあった方がいいのです。そして、この良好なクレヒスは、ローンを組んでちゃんと支払いを続けていれば「育って」行きます。つまりクレヒスの信用が高くなって行くという意味ですね。ですから、借りている事自体はクレヒスは悪くはなりません。尤も多数の会社から借りているなどの特異な場合は別ですが、ちゃんと返済を続けて良好な取引をしていればクレヒスは育ちます。一度、引き落としが出来なかったとしても、クレヒスが下がるとは限りません。ローン会社の判断になりますから、誠実に対応するのが最善です。支払いを続けていれば、またクレヒスは回復して行きます。

カードローンの借入れ履歴「クレヒス」を考えるとサラ金より銀行?

「クレヒス」と聞いて、なんとなく最近の社名っぽいなぁ、と思ってしまいました。クレジット・ヒストリー、お金を借りたときのクレジット(信用)の履歴のことらしいです。なんとなく似たことばで、金融ブラックリストも連想してしまいます。こっちのことばの方は一般的に、お金を借りて返せなかった、とか融資側にとってよくない情報が登録されてしまうことをいいますね。

クレヒス自体は、ブラック情報だけを指すのではありません。お金をいつ、いくら借りた、返したって情報ですから。個人信用情報は、銀行も消費者金融、いわゆるサラ金など日本にあるたくさんの融資会社が閲覧します。融資の申し込みを受けたとき、その人に貸すか貸さないかの可決・否決を判断する際の審査に利用する、共有データベースともいえます。金融機関は、閲覧だけでなく、このデータベースに登録もします。

だから、何度も借りて、何度も期日までに分割返済して完済していれば、そのクレヒスは優良、ということになります。逆に、一回でも支払が遅れると、数年間はその記録が残り、次回の審査の際に見られてしまいます。お金の貸し借りの場面といっても、自動契約ATMでカードローンでか借り入れをした、というわかりやすい場面もあり、自動車や携帯電話本体をローンで購入した、とか、クレジットカードでキャッシングをした、とか、とにかくお金を借りた場面すべてが個人信用情報に記録されるのです。原則・・・現在の日本ではこの情報の登録の仕方がやや複雑になっているため、たまに「例外」があるのです。

まず、何が複雑になっているかというと、
・個人信用情報を管理している信用情報機関が4組織くらいあるということ(個人向け、法人向けで数が異なります)。
・信用情報機関はそれぞれ加盟する会員とデータを共有しますが、Aは銀行がメイン、Bはクレジットカード会社や信販系がメイン、Cは消費者金融がメインって会員属性が異なります。
・A、Bの情報をたばねる情報機関もあります。
・情報機関それぞれで登録される内容や、登録期間が異なります。
・会員から、申込者の借入れや返済情報、さらには事故情報(破産など)が情報機関に送られますが、それが遅れたり、送られなかったりする場合もまれにあります。
こうした状況では、ブラックな履歴をもつ人が数社に審査を申し込んだときに、融資会社によってはその履歴を照会できないことも発生します。ってことは、審査ブラックだからといって諦めずに申込みしていると、いつか融資が降りる可能性もある、ってことになります。

ただし、この融資会社が信用情報に照会をした、という記録もしばらく残ることになっています。「この人、短期間にあちこちに融資申請をしているな・・・」と先方担当者が思って、審査が不利になることも。また、どんな会社に申込みしたかもわかるらしく、その名前で借り手がどんな状況かある程度わかるといいます。ただし、よっぽどのことがない限り、「この会社に融資を求めた」というだけで今後の審査に不利に働くということはありません。むしろ、きちんと完済したクレヒスは、将来住宅ローンなどを組む時の審査のために必要なケースもあります。借入れが必要になったときは、あえて優良クレヒスを残そうという気持ちで申請・借入れ・返済にのぞむのがいちばんなのかもしれません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 サラ金で借りたい!今、通るのはこの業者だ!※ランキング一覧 All Rights Reserved.